負け狼の気まぐれニッキ

勝手気ままな何処かの一匹狼の気まぐれ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『君と僕~Session.Version~』を歌ってみた。

9日の更新率がパねぇことになってます。

「漏れなつ。」の「君と僕~Session.Version~」を歌ってみた。
曲名だけだとパっと思い浮かばないかもしれないけど、
深編、柔一編のEDです。

歌とか、歌詞とかについては続きからどうぞ。



親がいつ帰ってくるかビクビクしながら歌ってました。
本来は『Session Version 』っていうタイトルにある通り、
柔一と深の声で歌う予定だったんだけど、思った以上に声が出なくて、
結局地声で落ち着きました。
地声でこのクオリティって結構ショックなんだけどね。
歌い方とか、音程とか、突っ込みだしたらきりがないし、
色々思うところはあるんだけど、歌いなおすことはないかな。






=======================

今は手と手を絡めて歩けるよ
遠いあの夏の思い出を抱きしめて

夏の日暮れ 鈴虫たち
ホロリホロリと秋を歌う
夏の夜空 見上げれば
キラリキラリと僕を照らしてる

キミと過ごした 一瞬の夏休み
涙堪えて『また会えるよ』と手を振った

秘めていた想いは色褪せぬまま
心の扉叩いていた
叶わぬ恋だと決め付けていた
『サヨナラ』した あの日から


秘めていた想いがはじけ出して
心の扉今開けるよ
あふれ出して止まらないこの気持ち
手を伸ばして 抱きしめる

=======================


ずーっと昔に歌った黒歴史、もとい『風の行方-2nd-』は、
出だしの部分等を除いて、原作のイメージは意識しないで
完全に自分の頭の中にあった物語を歌詞にしていました。

今回は(あくまで自分なりに)きちんと原作意識して書いてます。
柔一編、深編は共に、他シナリオと違って、同性愛に関して抵抗を持った状態での関係を描いています。
『故郷を去って、ちょっと寂しいけど、今まで隠していた気持ちが実って嬉しい。』
そんな気持ちを表現できてたら、と思っています。

歌詞の中では自分の事を『僕』相手の事を『キミ』と表記しているため、
文面的に深に寄ってる感じはしますが、柔一や深の視点で書いているつもりです。


因みに私の中で、柔一の初恋の相手も博之だと思っているんだけど、
違うのかしら…?
歌ってみた | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<不幸続きの人生だね。 | ホーム | 自分の声について>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。